Blue Flower

BCLクラブ紹介

日本短波クラブ (Japan Short Wave Club)は、海外の短波放送を中心とした国内外の放送を受信することを趣味にする人たち(SWL, BCLあるいはDXerと呼ばれています)の集まりです。当クラブは昭和27年(1952年)に仙台の学生の間で生まれ、約50年の歴史を有しております。当クラブには中学生から年配の方までが加入されており、2000年1月現在で約400名の会員を有し、日本を代表するDXクラブとして活躍。Web月刊短波

アジア放送研究会 会報「アジア放送研究月報」、「近隣諸国FM放送便覧」、「中国の放送受信の手引き」などがあり、毎年アメリカで発行されている「World Radio TV Handobook」の近隣諸国のページを担当。

日本BCL連盟 かつて国内で最も規模が大きなBCLの全国組織であった。毎月発行の「月刊短波」は全国書店で販売していた。

NDXC(Nagoya DXers Circle) 1976年3月14日に設立。南米DXが主なエリア。不期的なミーティングとオフ会の開催と過去に NDXC Newsletterの定期発行していた。ループアンテナの製作など技術的な記事が豊富。

TV-FM受信ガイドblogのページ。TV・FM-DXの楽しみ方、これまでに開拓された遠距離受信、最新情報、電波の伝りかた、受信機器情報、専門の書籍情報などについて掲載しております。毎年TV-FM受信ガイド発行。

NASWA(日本語訳)のページ。北米のクラブの元締めで、各クラブへのリンクもあります。

The British DX Club(BDXC)(日本語訳) イギリスのクラブ。地域ごとの受信報告が充実しています。またアフリカ放送局の写真付歴史が掲載されてます。

町田DXミーティング 2003年4月に新たに設立されたDX関係の情報交換や交流の場を提供するためのミーティングを主としたクラブ活動を行っています。

TDXC(Totsuka DXers Circle) 遠距離受信を愛好するBCLファンのサークル「TDXC(Totsuka DXers Circle、本部:神奈川県横浜市戸塚区)」が、「PROPAGATION」第4号を制作し、PDFで無料頒布を行っている。

WWXC(日本語訳)北米の老舗クラブで1996年6月1日にHP掲載開始。最新情報も豊富でOM(ベテランDXer)が必ずチェックするクラブサイト。